FC2ブログ
今までに宿泊したホテルの滞在記と感想を書いています♪どこを予約しようか宿泊先を迷っている方に少しでも参考になればいいなぁ♪

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年5月に箱根・翠松園(すいしょうえん)に宿泊しました。


  箱根・翠松園
住所:神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷519-9 TEL:0460-86-0852
箱根登山鉄道「小涌谷」駅より車で5分

箱根湯本駅から登山鉄道に乗り、小涌谷駅へ。
前もって送迎の予約を入れておいたので、小涌谷駅にはお迎えの車が待っていました。
車はセダンタイプの高級車。
車内ではおしぼりのサービスがあったりと、小涌谷駅からわずか5分とはいえ、
優雅な気分を味わえます。

翠松園の正面玄関に到着後、スタッフの案内で客室へ。
エレベーターで下の階へ行き、いったん外へでて(といっても、もちろん敷地内です)
木々の生い茂る道を歩きます。

箱根・翠松園「外観1」



翠松園のお部屋は、いくつかの独立した棟に分かれています。
本日のお部屋「蔵 くら」のある棟。

箱根・翠松園「外観2」



翠松園の中では、スタンダートなタイプの部屋とはいえ、60㎡ほどあります。

玄関を入って、靴を脱ぐとまず掘りごたつの畳敷きのお部屋。
チェックインの手続きはお部屋で行います。

箱根・翠松園「お部屋1」



その右側には、畳敷きの部屋とは戸で仕切ることのできるベットスペース。
ベットに横になりながらテレビを見ることも可能。

箱根・翠松園「お部屋2」 箱根・翠松園「お部屋3」



お部屋の露天風呂。
露天風呂にも小さいテレビが備え付けてあります。

箱根・翠松園「露天風呂1」


お風呂は源泉掛け流し。
入ろうとしたらちょっと熱かったので、水をちょろちょろと出しながら入浴。

露天風呂の休憩スペース。

箱根・翠松園「露天風呂2」


もちろん大浴場もあります。
というか、大とはいえないくらいの大きさでしたが、
夕食前と翌日、朝食前に入りました。
翠松園は全室露天風呂付きのため、お部屋に籠っている人たちが多いせいか、
だれにも会わずに貸し切り状態で、それはそれで快適でした。
サウナも有り。脱衣所には無料のヤクルトもおいてありました。
お風呂上りのヤクルト、それはそれはおいしかったぁ。


洗面スペースはシンクがふたつ。

箱根・翠松園「洗面スペース」



洗面スペースの隣りに、ガラス戸で仕切られたシャワースペースがありましたが、
シャワーを使うと、戸を閉めているのにお湯が流れ出してしまい、
足拭きマットがびちゃびちゃに。これはマイナス1点。

箱根・翠松園「シャワー」



独立したトイレとアメニティーグッズ。
シャンプー類はKORRES(コレス)。

箱根・翠松園「トイレ」  箱根・翠松園「アメニティーグッズ1」  箱根・翠松園「アメニティーグッズ2」


部屋の冷蔵庫のドリンクは無料で利用でき、またエスプレッソマシンも備え付けてありました。
部屋は広くてきれいで快適。

ただ「箱根の雄大な景色をお部屋から見たい」という人には向かないお宿です。
私の宿泊した「蔵 くら」からは、景色は望めません。
箱根でのんびりお籠りしたい人向きの宿です。

また正面玄関からお部屋までエレベーターで下り、外にでて、階段も何度か降りて、と
かなり歩くので、足の悪い人などにも向かないのではないかと思います。

桜次は箱根・翠松園(すいしょうえん)【夕食編】へGo!


以上、「旅人うさぎのホテル宿泊記」より、
箱根・翠松園(すいしょうえん)【宿泊記(お部屋編)】でした。



ブログランキング参加中です→ にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ  人気ブログランキングへ


GO矢印箱根・翠松園の詳しい宿泊情報はコチラをクリック


箱根・翠松園と同じ系列のお宿が熱海にあります。
GO矢印熱海 ふふの詳しい宿泊情報はコチラをクリック



ビル【楽天トラベル】その他箱根のホテル、旅館の検索はコチラ

→ANA楽パックで行く!箱根ツアーを検索







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。